So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

2月上旬のホワイトボード

今日は、北風が吹いて少し寒い横浜です。どうぞご自愛ください。

店先に設置しているホワイトボードの2月上旬分です。
この時(2/6~2/16)は、赤レンガ倉庫のストロベリーフェスが開催されていましたが、
来月のパンのフェス(3/6~3/8)は開催が見送りとなったようです。

resize0183.jpg
resize0181.jpg
resize0182.jpg
resize0184.jpg

「漢方カウンセリング がじゅまる」
〒222-0011
横浜市港北区菊名1-5-1
(東急東横線「妙蓮寺」駅徒歩1分)
045-567-8760

詳しくは、下記のホームページをご覧ください
https://gajyumaru-kampo.com/

LINEからでも、ご予約や簡単なご相談を承っております。
友だち追加






共通テーマ:健康

心が弱っている時は、ニュースを見るのを控えめに [七情内傷]

毎日、新型コロナウイルスのニュースが頻繁に流れています。
情報を冷静に見られる場合は問題ないのですが、見た後に過度に不安になったり恐れたりしてしまっている方、夜に悪夢を見ることが多くなった方は、少しニュースを見るのを控えた方が良いかも知れません。

resize0160.jpg

中医学では、心と体はつながっていると考えられているので、不安な気持ちや恐れの感情を持ち続けていると、体調にまで影響が及んでしまうことがあります。
特に、感受性の強いHSP(Highly sensitive person)の方は、気を付けた方がいいでしょう。

五臓と感情もつながっていて、ひどく恐怖を感じたりすると腎を傷めます。「恐怖から一晩で白髪になった」という話が一つの例です。

特に、心が弱っているときは影響されやすいので、暴力的な内容の番組や犯罪・人の死が報道されるようなニュースは避けるようにしましょう。


「漢方カウンセリング がじゅまる」
〒222-0011
横浜市港北区菊名1-5-1
(東急東横線「妙蓮寺」駅徒歩1分)
045-567-8760

詳しくは、下記のホームページをご覧ください
https://gajyumaru-kampo.com/

LINEからでも、ご予約や簡単なご相談を承っております。
友だち追加






共通テーマ:健康

春になると、PMS(月経前症候群)の症状が出やすくなる [中医学]

すこし久しぶりの更新ですが、皆さまお元気にお過ごしでしょうか。

resize0159.jpg

まだまだ寒い日もありますが、外へ出ると春を感じるようになってきましたね。
春になると、PMS(月経前症候群)になる方が多くなってきます。
症状としては、イライラしたり落ち込んだり情緒不安定になる、胸や脇が張るなどが出やすいです。

hyoujou_text_woman_iraira.png

中医学でPMS(月経前症候群)は、ストレスにより「肝」の働きが乱れ、気がスムーズにめぐらず滞るために起こると考えられています。
特に春は、何かとストレスがたまりやすく、肝のトラブルが起こりやすくなりますので、毎日の養生が大切になってきます。

PMS(月経前症候群)は、漢方の得意分野のひとつです。
当店では、身体のどのバランスが崩れて症状が出ているのか原因を探し、養生法をお伝えするなど、丁寧にカウンセリングさせていただきます。
どうぞお気軽にご相談くださいね。

ホームページのブログにも本日「春の不調の原因」について書きましたので、ご参考ください。


「漢方カウンセリング がじゅまる」
〒222-0011
横浜市港北区菊名1-5-1
(東急東横線「妙蓮寺」駅徒歩1分)
045-567-8760

詳しくは、下記のホームページをご覧ください
https://gajyumaru-kampo.com/

LINEからでも、ご予約や簡単なご相談を承っております。
友だち追加






共通テーマ:健康

1月下旬のホワイトボード

今日は、真冬に逆戻りのような寒さですね。
気温のアップダウンで体調崩されないようにお気を付けください。


店先に設置しているホワイトボードの1月下旬分です。
久しぶりに似顔絵を描いてみました(似てなくてすみません、汗)。

resize0154.jpg
resize0152.jpg
resize0153.jpg
resize0155.jpg


「漢方カウンセリング がじゅまる」
〒222-0011
横浜市港北区菊名1-5-1
(東急東横線「妙蓮寺」駅徒歩1分)
045-567-8760

詳しくは、下記のホームページをご覧ください
https://gajyumaru-kampo.com/

LINEからでも、ご予約や簡単なご相談を承っております。
友だち追加






共通テーマ:健康

ウイルスや細菌、花粉などから身を守る「衛気」 [中医学]

明日は、立春。暦の上では春になりますね。
立春の頃は気温の変化が大きく、一年でも体調を崩しやすいです。
また、今年は風邪やインフルエンザに新型コロナウイルスも加わり、とても心配ですね。

resize0151.jpg

中医学では、季節の変わり目に体調を崩しやすい方は、衛気(えき)が弱いと考えられています。


~衛気の働き~

1、肌の表面を守り、ウイルスや細菌、花粉などの外邪の侵入を防御している。

2、臓腑や筋肉、皮膚を温める。

3、汗腺の開閉を調節し、要らないものを排泄し制御することにより、体温を維持している。


というように、衛気(えき)は、外敵から身を守るバリアーのような働きをしています。

衛気(えき)を高める漢方に、玉屏風散(ぎょくへいふうさん)があります。
HPの「今月のおすすめ漢方」に載せていますので、どうぞご参考ください。


「漢方カウンセリング がじゅまる」
〒222-0011
横浜市港北区菊名1-5-1
(東急東横線「妙蓮寺」駅徒歩1分)
045-567-8760

詳しくは、下記のホームページをご覧ください
https://gajyumaru-kampo.com/

LINEからでも、ご予約や簡単なご相談を承っております。
友だち追加






共通テーマ:健康
前の5件 | -