So-net無料ブログ作成
医食同源 ブログトップ
前の5件 | -

ご飯を控えすぎていませんか [医食同源]

前回の記事にも書きましたが、今は新米がおいしくいただける季節です。
ただ、近年は「太るから」という理由でご飯を食べない人が増えています。

薬膳で、お米は

・気を補って体力をつける
・胃の働きを高めて消化吸収をよくする
・イライラやストレスを緩和する

などの働きがあると考えられています。

resize0097.jpg

炭水化物を控えすぎると、体は不足した糖分を補おうと無性に
お菓子など手っ取り早く食べられる甘いものを欲してしまいます。

ご飯は、粒のままで摂取するため、パンや麺類よりもゆっくりと
消化・吸収されていきます。
食べ過ぎなければ、ご飯は実は太りにくい食べ物なのです。

特に、気が足らない気虚の方は、ご飯はエネルギーの源になりますので、
しっかり食べることをおすすめします。


「漢方カウンセリング がじゅまる」
〒222-0011
横浜市港北区菊名1-5-1
(東急東横線「妙蓮寺」駅徒歩1分)
045-567-8760

詳しくは、下記のホームページをご覧ください
https://gajyumaru-kampo.com/

LINEからでも、ご予約や簡単なご相談を承っております。
友だち追加






共通テーマ:健康

夏の疲れに「やまいも」 [医食同源]

暦の上では秋ですが、9月に入ってからも猛暑が続き、
夏の疲れが出ている方がいらっしゃいます。

「気(エネルギー)」が不足していると、夏バテや秋バテになりやすいです。
そんな時におすすめなのが・・・

resize0027.jpg


やまいもです。

気を補う食材の代表的なもので「山のうなぎ」と呼ばれています。
漢方の生薬にも「山薬(さんやく)」として使われていて、
滋養強壮効果にすぐれ、疲れやだるさを改善します。

とろろにするのは少し面倒ですが、冷凍しても味や栄養は変わらないので、
時間があるときにすってフリーザーバックに入れ、冷凍しておくのがおすすめです。



「漢方カウンセリング がじゅまる」
〒222-0011
横浜市港北区菊名1-5-1
(東急東横線「妙蓮寺」駅徒歩1分)
045-567-8760

詳しくは、下記のホームページをご覧ください
https://gajyumaru-kampo.com/





共通テーマ:健康

朝に和食はじめました [医食同源]

お店を始めてからなのですが、朝食を和食にすることが多くなりました。

resize1361.jpg

これは、今朝の分です。
朝から多く作っているようですが、卵焼き以外は作り置きです(^^;

朝に和食を食べるようになって、お昼までのお腹のもちが格段に良くなりました。
以前は11時ごろにお腹がグーと鳴っていたのですが、それが無くなりました。

パン朝食は、パンとヨーグルトとサラダでどうしても栄養が偏ってしまいますが、
和食にすると栄養バランスも良くなり、糖分や脂分も抑えられるようになりました。

でも、毎日「和食にしなければ」と考えると作るのが辛くなってしまうので、
「できるときにやる」というスタンスで楽しみながら作っています。

お客様にもお伝えしているのですが、
「養生は楽しみながら、できることから」がポイントです♪


「漢方カウンセリング がじゅまる」ホームページ
http://gajyumaru-kampo.com/


「マイベストプロ」インタビュー
bur_img02.gif







共通テーマ:健康

春におすすめの食養生 [医食同源]

前回は、春に起こりやすいトラブルについて書きました。
今回は、「春におすすめの食養生」について書いていきたいと思います。

春は精神的に不安定になることが多い時期ですが、
ストレスから甘いものを食べすぎると、身体に湿熱を生じやすくなり、
ますますニキビや吹き出物が悪化してしまいます。
甘いものだけではなく、脂っこいものや、香辛料、冷たい物なども同様です。

春は、自律神経や感情をつかさどる「肝」が活発になる季節です。
それを養うためには、酸味のもの、春が旬のもの、香りの良いものを
食べると良いと言われています。

おすすめの食材は・・・

シソ、セロリ、アスパラガス、春菊、春キャベツ、チンゲン菜、ウド、ふきのとう、菜の花、
イチゴ、かんきつ類、レモン、アサリ、シジミ、レバー、梅干し、酢、はちみつ、ゴマ

などです。

resize1288.jpg

我が家も春になってシソやお酢を使う料理が増えました。

体の不調が続くときや、気持ちが何となく不安定なときに、
春におすすめの食材をメニューに取り入れてみてはいかがでしょうか。


「漢方カウンセリング がじゅまる」ホームページ
http://gajyumaru-kampo.com/





共通テーマ:グルメ・料理

なつめの甘露煮 [医食同源]

今日は、日差しが暖かな横浜です。
お店のある妙蓮寺駅から二駅向こうの大倉山駅にある大倉山梅林公園では、
今日と明日、観梅会が開催されるそうです。


さて、2月から薬膳の勉強をスタートしているのですが、
手始めに「なつめの甘露煮」を作ってみました♪

resize1269.jpg

はじめは実が堅かったなつめも・・・

resize1270.jpg

ふっくらと柔らかくなり、黒砂糖を入れて煮たので甘く美味しくなりました。

作り方は・・・

1、なつめを半日ほどひたひたのお水につける
2、お水ごと鍋に入れて、黒砂糖を入れて煮る
3、30分から1時間ほど柔らかくなるまで煮る
4、最後にレモン汁をいれる

です。
時間はかかりましたが、簡単に美味しくできました♪


「漢方カウンセリング がじゅまる」ホームページ
http://gajyumaru-kampo.com/






共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - 医食同源 ブログトップ